カテゴリ:レザージャケット( 25 )



今回のご依頼はライダースジャケットのフロントジップの交換です。


当店で用意出来る交換用のジッパーはYKKのみとなります。
ヴィンテージジッパーを交換にご希望の方はご自身で用意していただく流れとなります。


また、ジッパーはお品物が当店に届いてから注文します。
届くまでに約3週間程かかりますので、仕上がり納期がその分遅くなります。
ご理解お願いいたします。




b0366049_14404403.jpeg

作業前の全体写真です。



b0366049_14410955.jpeg

こちらのはジッパーを取り外した写真です。



b0366049_14421368.jpeg

左 : 取り外したジップ
右 : 交換用のYKKジップ
出来るだけ元のジッパーに近い感じの物を発注します。




b0366049_14423667.jpeg

付け替えた写真です。


b0366049_14425078.jpeg

仕上がり後の全体写真です。


今回の料金は8000円+750円(ジッパー代)

[PR]
by wm2016 | 2018-11-25 13:41 | レザージャケット



今回のご依頼はヴィンテージレザージャケットのリペア&補強&染めになります。




リペアは(右アームホールと胴後ろ右側と後ろ両ベルト)で、ヴィンテージの物なので、使われている綿糸が弱って切れてしまい、縫い合わせ箇所がパカッとひらいてしまっています。

当店では、ヴィンテージの物を縫い直す際にはご依頼の縫い直す箇所だけでなくその縫うライン全てを縫い直します。




補強は(襟・両肩・両肘・左袖先)を同じような黒い革を使い、
厚すぎず・薄すぎずの厚みに加工して裏から補強します。



染めは黒色のみご依頼を受けており、表面が剥げてる部分などを目立たなくさせる程度となります。ご了承お願いいたします。




b0366049_03325901.jpeg



こちらは作業前の全体前写真です。



b0366049_03332929.jpeg



こちらは、後ろ。




b0366049_03445106.jpeg


最初の作業になる、後ろの左右ベルトの写真。
表裏がくっついていないのがわかるかと思います。




b0366049_03451217.jpeg



表裏がバラバラだったものを縫い直して、しっかりと一つにしました。



b0366049_03404043.jpeg



次は、胴後ろ右側の糸が切れてしまってパカッとひらいている部分を縫い直します。




b0366049_03455077.jpeg



こちらが縫い直した裏側の写真です。
見えない部分は綿糸より強度の強いポリエステルの糸を使用してます。



b0366049_03461036.jpeg



こちらが表面の写真です。
真ん中の縦を一直線縫い直してます。
表面の見えるステッチは綿糸を使用し、雰囲気を合わせております。



b0366049_03412042.jpeg



次に縫い直すのは右アームホールになります。
糸が切れているのがわかるかと思います。




b0366049_03473822.jpeg



先程と同様に中の見えないステッチはポリを使用し、表面のステッチは綿糸になります。
元の針穴を拾って縫い直してます。



b0366049_03521583.jpeg



今からアップしていく写真は補強箇所で、上の写真が作業前の表から撮った写真で、下の写真が裏から厚みを加工した革で補強してる写真になります。

因みにこの写真は右肘。


b0366049_03542935.jpeg


これは、右肩。



b0366049_03574895.jpeg


これは、左肩。



b0366049_04001704.jpeg



これは、左肘。



b0366049_04135207.jpeg



これは、左袖先。



b0366049_10500436.jpeg


これは、襟。



b0366049_11480644.jpeg



そして、今からアップしていく写真が最後の染め作業が終わった写真です。



b0366049_11482440.jpeg


こちらは、両袖。




b0366049_11485146.jpeg


こちらは、襟。



b0366049_11492839.jpeg



そして、後ろの全体写真。



b0366049_11491624.jpeg


そして、前側から撮った全体写真です。
作業前の写真と比べていただければ違いがわかるかと思います。


今回の料金は22500円です。


[PR]
by wm2016 | 2018-11-21 16:32 | レザージャケット

今回のご依頼は、ヴィンテージレザージャケットの補強&色補修です。


補強は背中の肩部分で特に左肩部分が弱っています。
作業内容としては、一度ライナーをひらいて中に用意した革を
裏から貼り合わせて補強します。




色補修に関して当店では、黒色限定で革の銀面(表面)がはがれた部分を目立たなくさせる程度となります。
ご理解お願いいたします。




b0366049_17061033.jpeg


作業前の全体写真です。




b0366049_17074467.jpeg

こちらは、後面の写真です。




b0366049_17091176.jpeg


こちらが革の銀面(表面)がはがれて弱っている部分です。





b0366049_17093959.jpeg


こちらは、右肩部分です。
左肩程ではないですが少し弱っています。





b0366049_17103416.jpeg


こちらは襟の写真です。
こちらも銀面(表面)がはがれています。




b0366049_17110418.jpeg


左脇部分の写真です。

b0366049_17133046.jpeg


両袖の写真です。



b0366049_17144071.jpeg

この革が当店で用意した裏から補強する用の革です。
厚みが暑すぎると補強した部分がゴワッとして補強した所としてない所の境目でアタリがでてその境目が逆に弱っていってしまうので、出来るだけ自然な補強になるように革を薄く加工してます。




b0366049_17150027.jpeg

補強用の革を張り合わせた写真です。
写真ではわかりにくいですが、部分的にジャケットの革と補強用の革を一緒に縫い込んでいます。




b0366049_17152715.jpeg



補強の作業が終わって色補修をして目立たなくさせた左肩部分の写真です。




b0366049_01332317.jpeg


こちらも少し補強と色補修をして目立たなくさせた右肩部分の写真です。




b0366049_01335071.jpeg


こちらは襟部分。




b0366049_17185961.jpeg


こちらは、両袖部分。



b0366049_17192441.jpeg


作業が完了しまして後面の全体写真です。





b0366049_17194108.jpeg


こちらが、前面の写真です。


今回の料金は8500円です。

[PR]
by wm2016 | 2018-10-18 17:04 | レザージャケット

今回のご依頼はヴィンテージ レザージャケットのほつれ直しとボタン交換です。


ヴィンテージのジャケットは綿糸が使われており、基本的にどこか糸が弱って切れたりしていると全体的に糸が弱っているので、作業で袖をひっくり返したりするので、細心の注意を払って作業をすすめていきます。



b0366049_16235685.jpeg


こちらは作業前の全体画像です。




b0366049_16243644.jpeg


こちらは、右肩部分の糸が切れて縫い目がひらいている箇所です。




b0366049_16250152.jpeg


こちらは、右袖の糸が切れて縫い目がひらいている箇所です。




b0366049_16260339.jpeg


こちらは、元から付いている包みボタンと交換用に一緒に送っていただいたボタンになります。




b0366049_16271273.jpeg


まずは、右袖のライナー部分をひらいて縫い直しました。
革が弱っている可能性があるので片側に補強テープを一緒に縫い込んでいます。


b0366049_16373742.jpeg


一つ前の写真をひっくり返して元に戻した写真です。




b0366049_16382880.jpeg


こちらは、右肩部分を縫い直した写真です。
見えない部分は強度の強いポリの糸を使用して、見える部分のステッチは雰囲気を合わせて綿糸を使用しております。




b0366049_16393190.jpeg



こちらは、ボタンを付け替えた写真になります。
左の包みボタンが元に付いていたボタンです。
手前にある丸い物は芯になりまして、新しいボタンを付ける際に補強用として間に挟んで一緒に縫いこんでます。




b0366049_16401383.jpeg


こちらが、作業が全て完了してた全体写真となります。


今回の料金は6500円になります。



[PR]
by wm2016 | 2018-10-07 16:18 | レザージャケット

ここの所、他の作業に追われておりまして、
久しぶりの投稿となりました。



今回のご依頼はヴィンテージレザージャケットの左肩ウラの革の銀面が経年により、ひびが入って剥がれてきています。この箇所の補強と銀面が剥がれて中の白色が見えてしまっている部分を全体的に目立たなくなるよう黒に染めさせて頂きます。



基本的に、当店では革の染め替え用のふきつける道具と染料の在庫をおいておりませんので、お断りさせて頂いております。
但し、黒色だけは目立たなくさせる程度でよろしければお引きうけしてます。





b0366049_12254752.jpg


作業前の全体写真です



b0366049_12254826.jpg


作業前の背側全体写真です



b0366049_12254941.jpg


こちらがご依頼のあった補強させていただく箇所です



b0366049_12255094.jpg


衿。経年により銀面が剥がれが目立つ箇所です




b0366049_12255185.jpg


右肘ウラ。こちらも経年により剥がれの目立つ箇所です



b0366049_12264201.jpg


まずは、左肩ウラ部分を補強する作業の為に一度ライナーをバラしています




b0366049_12264335.jpg


この革はウラ当てして補強する為の革です。
同じ黒色で着心地を悪くせず、補強が強すぎて、変な当たりがでないように柔らかい革を選び、厚みも約0.5mmまで薄くしました。




b0366049_12264427.jpg


先程の革をウラから接着しました。
接着する事によって元々の革が伸びたりして弱くなっていくのも防げれます。



b0366049_12264689.jpg


こちらは、右肘ウラ部分の染め(顔料)た後の写真です



b0366049_12264792.jpg


こちらは、衿部分の染め(顔料)た後の写真です。




b0366049_12270952.jpg


こちらは、補強が終わって、染め(顔料)た後の左肩ウラ部分です。




b0366049_12271072.jpg


こちらが仕上がり後の背側の全体写真です。




b0366049_12271198.jpg




こちらが仕上がり後の全面の全体写真です。



今回の料金は8500円となります。


[PR]
by wm2016 | 2018-03-24 12:24 | レザージャケット

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大変申し訳ありませんが、現在当店の作業予定がいっぱいになっておりまして、
新規のご依頼はお断りさせていただいております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回はGIORGIO BRATO レザージャケットのフロントファスナー交換です。


交換するジップはお客様が用意していただくか、当店が用意するかですが、
当店で用意する場合はYKKのみとなり、注文してから到着するまでに約3週間程かかります。
その到着後に作業に入りますので納期が遅くなる事をご理解下さいませ。



こちらのジャケットには滑りの良いジップが付いてましたので、
YKKでそれに近い高級シリーズのエクセラをお客様に提案して、
今回はそちらを交換用に用意しました。
その分ジップ代が通常より少し高くなります。







b0366049_17375030.jpg

作業前の全体社員です。





b0366049_17351748.jpg

フロントジップを取り外しました。





b0366049_17354585.jpg


こちらが交換用のジップです。
ジャケットが製品染めで仕上げられているので
中側が白くなっていますが、
できるだけ近い色味を選んでいます。







b0366049_17364347.jpg

こちらが、交換用のジップを縫いつけ終わった
仕上り後の写真です。



今回の料金は8,000円+2,550円(ジップ代)



[PR]
by wm2016 | 2017-03-05 06:05 | レザージャケット

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大変申し訳ありませんが、現在当店の作業予定がいっぱいになっておりまして、
新規のご依頼はお断りさせていただいております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今回はレザージャケットの裏地交換です。


胴体の裾部分がやぶれており、
胴体のみ交換で、袖の裏地はそのまま使用して欲しいとの事です。



それと、ウィンドフラップも取り外して欲しいとのご要望でした。
ウィンドフラップは裏地交換の作業途中で簡単に取り外せるので
その分の料金は今回はかかりません。





b0366049_02241442.jpg


全体写真です。






b0366049_02241514.jpg
裏地の写真です。
裾部分がやぶれているのがわかります。








b0366049_02241568.jpg
ウィンドフラップです。
今回は裏地交換の途中でこれを取り外します。








b0366049_02241667.jpg

裏地とウィンドフラップを取り外した写真です。







b0366049_02241670.jpg

取り外した、胴体の裏地とウィンドフラップです。







b0366049_02241685.jpg

勿論、タグも取り外して新しい生地に付け替えます。








b0366049_02241735.jpg

ご希望のブラックで新たに作り直しています。








b0366049_02241741.jpg

元々の袖裏地と新たに作った胴体の裏地を縫い合わせました。







b0366049_02241707.jpg

こちらが仕上がった写真です。



今回の料金は13,000円です。





[PR]
by wm2016 | 2017-02-25 21:20 | レザージャケット

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大変申し訳ありませんが、現在当店の作業予定がいっぱいになっておりまして、
新規のご依頼はお断りさせていただいております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今回はRRL カーコートの袖幅詰めです。

二の腕辺りが気になるとのご要望でアームホール部分は変えずに作業します。



今回、見えない縫い目は強度の強いポリエステルの糸を使用して、
見える部分のステッチは雰囲気を合わせて綿糸を使用しています。





b0366049_06461754.jpg

作業に入る前の全体写真です。







b0366049_06461714.jpg

袖を外しました。






b0366049_06461837.jpg


革をカットして袖幅を詰めました。






b0366049_06461804.jpg

裏地も同様にカットします。






b0366049_06461821.jpg

袖を胴体につけました。

見える部分の綿糸のステッチです。







b0366049_06461890.jpg

仕上がり後の全体写真です。


作業前の最初の写真と比べると袖がスッキリしているのがわかると思います。



今回の料金は¥8,000-です。

[PR]
by wm2016 | 2017-02-21 06:41 | レザージャケット

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大変申し訳ありませんが、現在当店の作業予定がいっぱいになっておりまして、
新規のご依頼はお断りさせていただいております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回はヴィンテージ レザージャケット A2の襟のリペアです。
経年によって革が破れてしまっています。


基本的に革破れのリペアは裏側から近い色の革を貼って表側に顔料を塗って出来るだけ目立たなくさせるか、
表側にデザインとして別のパーツを縫い付けて破れた箇所を隠すかのどちらかの方法になります。


表側から顔料を塗る方法は、革質やダメージ具合によるのですが、
出来るだけ目立たないように仕上げますが完全にわからなくさせる事は難しいです。

今回は、ジャケットからカットしても問題のない部分の革がありまして、
その革を使用して穴を埋める作業をしていきます。

良く似た革より同じ革を使用した方が勿論、違和感がありません。







b0366049_13342100.jpg

まずは、全体写真です。







b0366049_13342285.jpg

襟部分のアップの写真です。





b0366049_13342282.jpg

広げてみると穴が空いているのがわかります。






b0366049_13342309.jpg


穴の裏に貼る用の革をみつけました。

ここはカットしてもポケットの中側なのでデザイン的にも大丈夫です。
カットしても強度は変わらないようにします。







b0366049_13342327.jpg

革をカットする為にポケット上部の縫い目を外したので、
手縫で縫い直しています。
残念ながらミシンでは縫えない箇所でした、、、







b0366049_13342343.jpg


襟をバラした中身の写真になります。
穴が確認できます。






b0366049_13342457.jpg

先ほどカットした革を裏に貼り付けました。






b0366049_13563574.jpg

革が弱っていた箇所があったので裏に補強用の薄い芯を貼っています。










b0366049_13342420.jpg

顔料を革の色に合わせて表側に塗りました。








b0366049_15034276.jpg

アップの写真です。
目立たないように仕上がっています。







b0366049_13342450.jpg

バラした縫い目を元に縫い戻して完成です。



今回の料金は¥8,000-です。



[PR]
by wm2016 | 2017-02-19 13:27 | レザージャケット

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大変申し訳ありませんが、現在当店の作業予定がいっぱいになっておりまして、
新規のご依頼はお断りさせていただいております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


DIESEL レザージャケット リフォーム 後半のページです。





              
b0366049_16490149.jpg

着丈を詰める為に裏地を外します。







b0366049_16490192.jpg


表の革と裏地をご希望の寸法になるようにカットして、
元のかたちに縫い戻しました。







b0366049_16490124.jpg


こちらは、着丈と袖丈を詰め終わって、
袖を縫い付けた状態です。

しかし、フロントジップがまだ付いていません。







b0366049_16490195.jpg


着丈が短くなっている分、
フロントジップもカットして
長さ調節します。






b0366049_16490216.jpg


長さ調節したジップをフロントに装着しなおしました。





b0366049_16490217.jpg


こちらが仕上がった表側の画像です。





b0366049_16490344.jpg


こちらが仕上がった裏側の画像です。




今回の料金は 30,000円です。



[PR]
by wm2016 | 2017-02-13 16:47 | レザージャケット