“ヴィンテージ レザージャケット リペア&染め”

ここの所、他の作業に追われておりまして、
久しぶりの投稿となりました。



今回のご依頼はヴィンテージレザージャケットの左肩ウラの革の銀面が経年により、ひびが入って剥がれてきています。この箇所の補強と銀面が剥がれて中の白色が見えてしまっている部分を全体的に目立たなくなるよう黒に染めさせて頂きます。



基本的に、当店では革の染め替え用のふきつける道具と染料の在庫をおいておりませんので、お断りさせて頂いております。
但し、黒色だけは目立たなくさせる程度でよろしければお引きうけしてます。





b0366049_12254752.jpg


作業前の全体写真です



b0366049_12254826.jpg


作業前の背側全体写真です



b0366049_12254941.jpg


こちらがご依頼のあった補強させていただく箇所です



b0366049_12255094.jpg


衿。経年により銀面が剥がれが目立つ箇所です




b0366049_12255185.jpg


右肘ウラ。こちらも経年により剥がれの目立つ箇所です



b0366049_12264201.jpg


まずは、左肩ウラ部分を補強する作業の為に一度ライナーをバラしています




b0366049_12264335.jpg


この革はウラ当てして補強する為の革です。
同じ黒色で着心地を悪くせず、補強が強すぎて、変な当たりがでないように柔らかい革を選び、厚みも約0.5mmまで薄くしました。




b0366049_12264427.jpg


先程の革をウラから接着しました。
接着する事によって元々の革が伸びたりして弱くなっていくのも防げれます。



b0366049_12264689.jpg


こちらは、右肘ウラ部分の染め(顔料)た後の写真です



b0366049_12264792.jpg


こちらは、衿部分の染め(顔料)た後の写真です。




b0366049_12270952.jpg


こちらは、補強が終わって、染め(顔料)た後の左肩ウラ部分です。




b0366049_12271072.jpg


こちらが仕上がり後の背側の全体写真です。




b0366049_12271198.jpg




こちらが仕上がり後の全面の全体写真です。



今回の料金は8500円となります。


[PR]
by wm2016 | 2018-03-24 12:24 | レザージャケット