"KADOYA レザーパンツ リフォーム"

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大変申し訳ありませんが、現在当店の作業予定がいっぱいになっておりまして、
新規のご依頼はお断りさせていただいております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今回はレザーパンツのリフォーム&スソ出しです。

サンプルのパンツを同梱してもらい、それと比較しながらリフォーム寸法を
相談して決めさしてもらいました。


(太腿)31.5cm → 30.5cm へ -1cm
(ヒザ)24cm → 21cm へ -3cm
(裾) 21.5cm → 18.5cm へ −3cm
(裾丈) +1cm出し

ヒザと裾はサンプルパンツと同じ寸法で、
太腿はサンプルより5mm大きくして、裾丈は元の丈より+1cmです。

太腿の付け根をリフォームするのに、自然なラインになるように股下部分もカットします。
その為、ウエスト位置がどうしても少し下がります。
ウエストがキツキツの場合はお知らせください。

スキニーやテーパードにリフォームするのに当店では両サイドから詰めます。
その方が全体のバランスがキレイになります。
また、外側はヒップラインとのバランスを良くするのに太腿の付け根の少し上辺りから
自然なラインで革をカットしていきます。


革の表側に見えるステッチがある場合はリフォームの寸法により、
元の針穴が残る可能性があります。
その場合はできるだけ目立たなくなるように努めます。




b0366049_00535208.jpg

作業前の全体写真





b0366049_00553950.jpg
こちらが同梱してもらったサンプルパンツになります。





b0366049_00562699.jpg
重ね合わせて比較しました。
サンプルパンツに比べ、レザーパンツが大きいのがわかります。






b0366049_00592856.jpg

レザー部分をリフォームするのに裏地をほどきました。







b0366049_00573589.jpg
レザーをカットして寸法分細くリフォームしました。
革の表側に見えるステッチも元と同じように縫ってあります。






b0366049_00581095.jpg

裏地も同じ寸法分細くしました。






b0366049_00595186.jpg
作業完了後に重ね合わせた写真です。
ヒザ・裾部分は同じ寸法で、
太腿部分はレザー部分が少し出ているのがわかります。
裾丈も作業前に比べて出ているのがわかると思います。




今回の料金は12,000円です。


[PR]
by wm2016 | 2017-04-16 19:38 | レザーパンツ