"ヴィンテージ レザージャケット リペア"


今回は去年に何箇所かリペアの作業をさせていただいたジャケットになります。


古めのヴィンテージになりますので、どうしても糸が綿糸で弱ってしまっています。


今回は右側のアームホールの糸が切れてしまい、直して欲しいとのご要望です。


作業前に全体の状態をチェックすると右袖の脇下も糸が少し切れていましたので、

報告しまして、この部分も今後ほつれる事がないように

脇下から袖先まで縫い直しいたしました。




古めのヴィンテージの場合はほつれた箇所を部分的に直すのではなく、

出来るだけ、ほつれた箇所の直線全てを縫い直すようにしています。




b0366049_13581657.jpg
全体の画像です。






b0366049_13581704.jpg

右側アームホールほつれ部分です。







b0366049_13581703.jpg


右袖の脇下部分のほつれ箇所です。





b0366049_13581854.jpg

右袖の下側の直線を全て縫い直します。







b0366049_13581864.jpg

裏地を解いて、裏返しにしました。






b0366049_13581828.jpg

針穴が増えないように出来るだけ元の針穴を拾って縫い直します。
古めのヴィンテージなので縫う前に補強テープで補強しました。








b0366049_13581800.jpg

右袖の縫い直した画像です。






b0366049_13581903.jpg

右側アームホールを縫い直した画像です。

こちらも、右袖同様に補強テープをはって、ぐるっと一周縫い直してます。






b0366049_13581905.jpg


裏地も元通りに縫い直してこれで仕上がりです。


今回の料金は6000円です。


[PR]
by wm2016 | 2017-02-06 15:10 | レザージャケット