"リーバイス スエード ジャケット 修理”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大変申し訳ありませんが、現在当店の作業予定がいっぱいになっておりまして、
新規のご依頼はお断りさせていただいております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

裾前と右肩が破れてしまっているリーバイスのスエードジャケットを修理していきます。
今回はこちらでよく似たレザーを用意しました。

当店でストックしていないレザーを用意しなければならない場合は
よく似た革がない場合もありますし、納期がかなり遅くなってしうのと、
革は使用分のサイズだけ買えるわけではなくて
かなり大きいサイズで買わないといけない場合もあり、そうなると料金も高くなってしまいます。

ですので、事前にお問い合わせをお願いいたします。

今回はよく似た革をいるサイズ分だけ入手できました。




b0366049_16204749.jpg

修理前の全体画像です。
裾前と右肩が破れているのがわかります。





b0366049_16204770.jpg

裾前の破れ箇所のアップ画像です。





b0366049_16204886.jpg

バックの全体画像です。
バックから見ると右肩の破れがよくわかります。







b0366049_16204836.jpg

右肩破れ箇所のアップ画像。





b0366049_16204949.jpg

バックから見た右肩破れのアップ画像。





b0366049_16204919.jpg

仕上がり後の全体画像です。






b0366049_16205047.jpg

仕上がり後の裾前アップ画像です。
一度、きれいに裁断して同じやり方でレザーを足してます。





b0366049_16205154.jpg

仕上がり後の右肩アップ画像です。
用意したレザーをあたりが出ないように薄くして革用の接着剤で裏当てしています。
部分的に革がない箇所があったので裾前の裁断時のハギレから形を整えてはめました。

料金は¥14,000-(材料代込み)



[PR]
by wm2016 | 2016-10-26 17:16 | レザージャケット